こんたまのメッセージ

新しい景色を見に行こう。

景色とは?それは経験だ。知らなかった世界を自分自身で知ることだ。

どうすれば新しい景色を見にいけるか?それは変わるために冒険をすることだ。

もし僕らが、変わることを恐れ冒険をしなかったら、

サポーターに、代わり映えのしないごく僅かな景色しか見せられない。

サッカーにはもっとたくさんの素晴らしい景色がある。

行先は決まっている。

迷わず行こう。

野々村芳和社長のメッセージ | コンサドーレ札幌 オフィシャルサイト

2019 年シーズンのコンサドーレ札幌は、未来へ繋がる新しい 1 ページをめくる冒険をした。

その結果、クラブをフォローするすべての人が、今まで見たことがない新しい景色を見た。

まさに衝撃だった。それは、生きる活力を与え、未来への希望を与え、

冒険することで、今まで考えもできなかった現実を体験させてくれた。

と同時に、「この先にはまだまだ素晴らしい景色が待っている」ことを知った。

そして、その先の景色をもっと見たくなった。

...

では、どうすれば冒険できるのか?

冒険の仕方、それは、行動することだ。

行動の仕方、それは、未来を決断することだ。

決断の仕方、それは、目的を整理することだ。

整理の仕方、それは、大切なものを理解することだ。

理解の仕方、それは、想像することだ。

冒険はいつでも始められる。あとは「する」か「しない」か。

するならば、まずは、

「冒険したその先に、どんな未来が待っているのか。自分はどういう風に変わっていたいのか。」 を、想像しよう。